本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

バッティングマシン練習の目的 変化球編

トップページ > 打撃練習別の目的解説 > バッティングマシン練習の目的 変化球編


直球編で挙げた内容を意識することを前提として、バッティングマシンを変化球で打つことの目的は更にプラス
アルファがあります。

変化球には間がある 壁とタメ作り

直球と違い、変化球は「イチ、ニ、サン」では打てません。
特に緩い変化球は壁とタメを作らなければ、泳がされてしまい凡打となります。

この壁とタメ(溜め)を作ることが出来るようになります。
タメとはタイミングを取るためにスイングの始動を抑える役割をします。このタメがないとトップの位置が崩れて
しまい、グリップが前方に動き出しスイングが緩んでしまうのです。

投手寄りの壁を作って体が前に行かないようにして、軸足にタメを作ってトップの位置でスイング始動を我慢でき
なけければ変化球はバッティングが崩されます。


この壁とタメは素振りやティーバッティングでは意識してもなかなか身に付かないものです。
実際に変化球を打つことで作り上げられる感覚なのです。

色々な投球フォームによる変化球を体感できる

投手といっても、右投げ、左投げ、オーバースロー、サイドスローなど様々です。
バッティングマシンの多くのホイールは可動式なっているため、角度を変えることで、様々な投手の変化球をイメージ
したボールを投げることが可能です。

そのため、左投手のカーブや食い込んでくるスライダー、サイドスローの横に大きく逃げるスライダーや沈むシンカー
など、試合以外ではなかなか体感できない変化球を打ちこむことができます。

次の対戦相手の得意球を打ちこむ練習をしたい、苦手な左投手のカーブ打ちを徹底的に練習したいなどの目的には
最適な練習方法です。


その他の目的

その他、上記以外にも更にレベルアップさせた目的を以下に記載しました。
・ストレート待ちのタイミングで変化球をカットする技術
・わざとバッティングを崩してもミートする技術
・バント、バスター、セーフティーバント、ヒットエンドランなどの個別プレーにおいて、変化球であっても確実
 に成功させる技術

上記した目的を持って取り組むことで更にレベルアップした技術を身に付けることができます。

スポンサード リンク

姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク