本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ネクストバッターズサークルでの過ごし方

トップページ > バッティングのテクニック > ネクストバッターズサークルでの過ごし方

アマチュア野球ではネクストバッターズサークルでの素振りは禁止されているため、プロのように素振りなどを行うことが出来ません。
そのため、メンタル面を整えることが重要です。

シミュレーションをしよう

まず、ネクストバッターズに入ったら、シミュレーションを行いましょう。
シミュレーションを行うことで、考えを整理し、打席に入った時に集中して打撃を行うことが出来ます。

シミュレーションを行うことは以下の通りです。
1.自分の役割を考える
まずは自分が打席で何を行うかを整理しましょう。
先頭打者の次打者であれば、出塁したら送りバントが考えられます。
2死で足の速い打者が打席にいたら、出塁すれば盗塁の可能性があるため、早打ちは得策ではありません。
無死1塁で打者に送りバントのサインがあれば、自分の打席ではタイムリー、最低でも右打ちをすることが必要です。

このようなことを考え、頭の中を整理しておきましょう。

2.相手の配球の傾向を考える
相手の配球傾向を想定して狙い球を絞っておくと打席でかなり集中できます。
例えば、前の打席で初球のストレートを捉えていれば、初球の入り方が変わってくることがよくあります。
また、前の打席で変化球で打ち取れていれば、変化球が勝負球の可能性が高くなります。

このように頭の中で相手の配球の傾向を予想し、シミュレーションしておきましょう。

集中力を高める

打席に入る前のシミュレーションを整えたら、後は集中力を高めましょう。
心を落ち着かせて、打席で集中できるようにしましょう。

集中力を高める方法は自分なりに見つけましょう。
私は深呼吸をしていました。大きく息を吸って、吐き出すときに一気に集中力を高めて精神統一をしていました。


ネクストバッターズサークルで、考えをまとめ、集中力を高めれば、打席に入ったときの迷いはなくなります。
集中した状態で打席に入ったら、後は結果を残すだけです。
がんばりましょう。

スポンサード リンク


姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク