本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ベースランニングの基本 シャッフルの基本

トップページ > ベースランニングの基本 > シャッフルの基本

シャッフルはランナーが第2リードを取る時に必須の技術です。
基本を抑えておきましょう。

シャッフルのやり方

シャッフルは本塁方向を向いて両足でピョンピョンと跳ねるように次の塁の方向へ進む技術です。
どの塁においても使用する技術で第2リードを取る時はシャッフルを使用します。
(3塁ランナーの場合は使わないこともあります)

リードの体勢から左足を右足に引きつけて、踏み出した右足は進行方向に向けるようにします。
シャッフル動作5シャッフル動作4シャッフル動作3シャッフル動作2シャッフル動作1

この動きを数歩繰り返して第2リードを広げるようにします。

シャッフルの着地のタイミング

シャッフルの右足の着地のタイミングはバッターのインパクトのタイミングに合わせるようにします。
ちょっとしたことですが、スタートの反応が変わり半歩の差が出るテクニックです。

シャッフルの着地のタイミング

そして、上体は本塁方向に向くのではなく、やや次の塁を向くようにしましょう。
こうすることで次の動きが取りやすくなります。


バッターが打ったらそのままスタート、打たなければ着地した右足を踏ん張ってバックするようにします。

小股はダメ

小股にシャッフルすると動きが小さくなり、スタートが切りにくく上記したタイミングを合わせる作業が難しくなります。

シャッフルは2回程度で捕手から送球が来ても戻れる範囲まで進むことを目指して行いましょう。


スポンサードリンク


姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク