本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ランナー3塁 内野ゴロ

トップページ > ケース別の戦術 > ランナー3塁での戦術 > ホームスチール

普通に仕掛けたのでは絶対に成功しない

通常の盗塁のようにピッチャーがセットポジションから投球動作を始めたタイミングでスタートしては絶対に成功しません。

成功させるとしたら、以下の2パターンです。

キャッチャーの警戒が薄い

投球を捕球後、キャッチャーが3塁ランナーの動きを見ずに緩くピッチャーに返球している場合はチャンスです。

第2リードを通常より大きく取ってキャッチャーがピッチャーに返球をしようとしたタイミングでスタートしましょう。
ピッチャーも慌ててキャッチャーに返球するので、やや送球が乱れる可能性も高まります。

新庄選手がオールスターでホームスチールを決めたのはこのタイミングでしたね。

ピッチャーがワインドアップで投げている時

セットポジションが苦手なピッチャーは2死になるとバッターに集中すれば良いため、ワインドアップで投げることがあります。

ワインドアップに入ろうとした時、2ステップほどシャッフルしたのち一気に本塁へ走りだしましょう。
タイミングとしてはかなり厳しいですが、ピッチャーが慌てて投球が乱れることがあります。

また、ピッチャーが不慣れだと投球動作を中止してしまい、ボークになることも稀にあります。

スポンサードリンク

姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク