本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ランナー2塁 盗塁

トップページ > ランナー状況別の戦術 > ランナー2塁での戦術 > 盗塁

セーフとなる確信がある時のみ

三塁への盗塁(三盗)はセーフになる確信がある時のみ走ります。
2塁にいる時点で既に得点圏に進んでおり、ワンヒットで帰れる可能性も高い状況です。ここで盗塁して
アウトになっては流れを奪われてしまいます。
相手の癖を盗めている、無警戒、配球が読めているなどの時に盗塁します。


狙い目は緩いもしくは落ちる変化球と予想される時

2塁ランナーは相手バッテリーのサインや投手の握りが見えるので、緩い変化球やワンバウンドしやすい落ちる
変化球などの時は狙い目です。
配球がワンパターンになっている場合も変化球のタイミングで狙うのと良いでしょう。

また、盗塁ではないですがワンバウンドなどでワイルドピッチやキャッチャーが前にこぼすと判断した場合は
スタートを切りましょう。

こういった判断を出来ると好走塁となります。


盗塁の気配は出さない

バッテリーを揺さぶるため、リードを敢えて大きく取ったり、偽走したりすることがありますと思いますが、
三盗を狙っている時はこういった動きは不要です。
いたずらに警戒心を招くだけで逆にスタートがきりにくくなります。
三盗は特別スタートが重要となりますので、気配は出すことなく仕掛けましょう。

スポンサードリンク

姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク