本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ランナー2,3塁 走塁

トップページ > ケース別の戦術 > ランナー2,3塁での戦術 > 走塁

ランナー2,3塁では2塁ランナーもなんとかホームに帰りたいところです。


3塁ランナーとの意思統一

ランナー2,3塁では3塁ランナーとの意思統一が必要です。内野ゴロで進塁を狙うどうかはベンチからの指示も
含めて必ず意思統一しておきましょう。

内野ゴロGOであることを意思統一出来て入れば、2塁ランナーの飛び出しも防ぐことができ、間を抜けてヒットに
なった場合は転がった時点でスタート良く2塁ランナーが走れるので、一気に本塁を狙える可能性が高まります。

フライの判断

3塁ランナーがタッチアップを狙えるフライが上がったら、2塁ランナーもタッチアップを狙って下さい。
特に本塁送球の場合は、その間に3塁を狙えます。

但し、レフト、センターへの大きなフライの場合は、本塁送球を諦めて3塁送球してくる場合があります。
3塁送球の中継が敷かれた場合、無理だと思ったら2塁に引き返すことも重要です。


2ランスクイズのサインが出しやすい状況

相手守備陣が前進守備を敷いた時がチャンスです。
前進守備を敷くとショート、セカンドは前に出るため2塁ランナーは通常よりリードを大きくとることが出来ます。
必然的に本塁までの距離が近くなるため、2ランスクイズが狙いやすくなります。
(ピックオフプレーでセンターが2塁に入ってくる牽制があるので、センターの守備位置は事前に確認しておきま
しょう)

ライナーバック

2塁ランナー、3塁ランナー共にライナーの時は塁に戻ることを心掛けましょう。
外野に抜けてからスタートで構いません。

明らかに外野へ抜ける場合は別ですが、良い当たりのライナーの時、ランナーは思わず飛び出ししまいます。
そこで、ゲッツーやトリプルプレーになってしまえば流れを失います。

スポンサードリンク

姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク