本文へスキップ

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術は野球の攻撃力を上げるための情報サイトです。

バッティングと走塁の技術で個人のレベルを底上げし、
攻撃の戦術でチームのレベルを底上げする!

ランナー1,2塁 ダブルスチール

トップページ > ランナー状況別の戦術 > ランナー1,2塁での戦術 > ダブルスチール


行けると確信のある時のみ

ランナー2塁の時と同様に行けると確信のある時のみ敢行します。
モーションが盗めている時に仕掛けます。
サインで行うこともありますが、単独で仕掛けることが殆どです。
「2塁ランナーが単独で走ったら1塁ランナーは盗塁出来ないのでは?」と思う方もいるでしょう。

1塁ランナーは2塁ランナーのスタートを見てから走るケースが多い

実はダブルスチールの多くが1塁ランナーは2塁ランナーのスタート見てから走っています。
なぜ、これで成功するかと言うと、基本的には捕手は先の塁のランナーを刺しに行くので、3塁送球をするためです。
そのため、1塁ランナーは1,2歩スタートが遅れても成功します。
3塁送球が間に合うかもしれないのに捕手は2塁へ投げません。

但し、2死の場合は2塁へ投げてくる場合がありますので、気をつけて下さい。

稀に1塁ランナーだけ走っていないケースがありますが、これは2塁ランナーのスタートに反応出来なかったからです。

息のあったランナー同士であれば、アイコンタクトや2塁ランナーの雰囲気で察知して1塁ランナーもスタートする
こともあります。

2塁ランナーはピッチャーのモーションを盗めていれば、チャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

姉妹サイト

野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!


投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト

配球論
配球の考え方、ストライクカウント別の考え方、配球のセオリー、変化球の使い方を紹介した配球専門サイト

スポンサードリンク